これも奇跡…!



この夏、あの猛暑にひたすらお家にこもっておりました。





まぁ…
暑さの苦手なももちゃんにとってはそれが良かったのかもしれません。
夏が終わるころ体調を崩しやすいももちゃんも、てんてんより元気にみえるくらいでした!


 

8月下旬…気付けば熊本城に行って以来のお出かけです。


今年のお正月…お詣りに行かなかった阿蘇神社に行ってきました。
(ダーだけお詣りに行ったんだよね~^^;)
 

 
 
…4月の大地震で大きく倒壊していました…
ニュース等でみてはいたけれど…

  

61011_1
 
あぁ…
言葉が出ない…

  
『日本三大楼門』と呼ばれる神社の立派な楼門と拝殿も倒壊し、
三つの神殿も甚大な被害を受けていました。
 

ここだけ…?
こんなにも…!?
この阿蘇神社だけが…?!
 

周辺の古そうなお家でさえ、被害もなさそう…
庭先の古そうな塀もなんともなく…
崩れそうな古い小屋さえ大丈夫なのに…
パッと見、ここだけに被害が集中しているように見えました。

 
 

61011_2

 
当時、噂にもありましたが…
まるで神社が身代わりになって、この地域を守ってくれたのだ…と、
これもある意味、奇跡だと…実感しました。


 
 



61011_3
 
境内では、この日の夜に行われる阿蘇神社に伝わる幻の宝刀『蛍丸』の
復元プロジェクトの『焼き入れ式』の準備が行われていました。

 
『蛍丸』
鎌倉時代末期から南北朝時代の武将阿蘇惟澄(これずみ)の刀で、
足利軍との激戦により刃こぼれした刀に、蛍が群がり刀を直したという夢をみて
目が覚めると本当に治っていたという伝説が名の由来だそうです。
阿蘇氏の家宝として受け継がれたが、太平洋戦争後の混乱により所在不明になっているそうです。

2015年より、『肥後国阿蘇大宮司蔵蛍丸太刀図』の絵図を参考に
岐阜県関市の刀匠と大分県竹田市の刀匠が共同で蛍丸を復元し、
来年春頃阿蘇神社に奉納される予定だそうです。
 
 
『蛍丸』・・・なんて素敵な名前~

 
  
夜に行われた『焼き入れ式』
…鉄の刀に魂を宿す式。

見損ねてしまった…残念!!

でも完成したら、幻の名刀『蛍丸』を是非観に行きたいと思っています。


阿蘇神社の神々様たちだってこれほど喜ばしいことはないと思う!

『蛍丸』 の宝刀の復元と共に、阿蘇神社の早い復興を心よりお祈りいたしますm(__)m。



61011_4
 
周辺のお店は普段通りでした。
これも阿蘇神社のお陰です…きっと。

お正月にダーはおみくじをひいたそうなので、私だけ引いてみました。
 
『大吉』…!!
何年ぶりだろう~♪
 
一番気になっていた健康運…ほっとしました~(#^.^#)



  
61011_5(1)

  
阿蘇は心地いい風がどことなく吹いていて、のんびり散策できました。


 
 

61011_6

 
爽やかなレモネードのお味が忘れられないな~
美味しかったぁ~

 
 
あれから~10月8日未明に起きた、阿蘇山の噴火…
ニュースに映った阿蘇神社とその周辺は、火山灰でグレーに覆われていました。
度重なる被害に、住民の方の気持ちを想うと…言葉もありません…。

収穫を迎える直前の農作物等は、大打撃ですが…
夜中、しかも連休直前だったので被害も少なく済んだのだと思います。
噴煙の風向きにあたらなかった場所は影響はなかったようです。
ドッグランの方向も大丈夫そうです。
  
いつ起きるかわからない地震、
いつ噴火するかわからない火山…
自然の中で生きている以上、仕方ない事なのでしょう…が、
大好きな阿蘇…
早く収束に向かって欲しいです。
 
これからも応援よろしくお願い致します。
 


 
いつも心配してメールを頂くお友達の方々にも、改めて感謝いたしますm(__)m。


 
~つづく。